• TEL:052-883-7739
  • 24時間オンライン予約

ばね指と鍼灸治療

 

こんにちは。松本治療院スタッフ前田です。

今回は、手首や指の使い過ぎによって引き起こしやすい

『ばね指』についてご紹介します。

 

スマートフォンやパソコンを使った際に、

痛みを感じるかたは要注意です。

 

 

ばね指とは?

 

ばね指とは、指に発症する「腱鞘炎」の一種です。

 

腱鞘炎は、骨と筋肉をつなぐ「腱」と腱が通るトンネル状の

「腱鞘(けんしょう)」が炎症を起こす病気のことです。

   

 

 

主な症状

 

ばね指は、発症し始めの頃は炎症による腫れ・指の付け根の痛みがほとんどで、

進行すると、指の曲げ伸ばしをした時の引っ掛かりや、曲がった状態でロックがかかり、

伸ばそうとするとカクンと勢いよく伸びる症状が出るのが特徴です。

 

 

ばね指のメカニズム

 

ばね指は、指を曲げる際に筋肉の力を伝える「腱」と、

腱を安定させるためベルトのような役割をしている「腱鞘」が

擦れ合うことで炎症を引き起こし、痛みを生じます

 

放っておくと、

腱や腱鞘が腫れて指がスムーズに動かない『ばね現象』が引き起こされます。

   

 

 

ばね指になりやすい人は?

 

ばね指は、手指の使い過ぎが原因となる場合が多いので、

・スマホ・楽器の演奏

・パソコン・手をよく使う仕事

・文字をよく書く

このような動作が日頃から多いかたはばね指になりやすいと言えます。

 

 

また、手指の使い過ぎの他にも原因は様々で、

更年期以降の女性、妊娠・出産期の女性は女性ホルモンの影響、

糖尿病のかたは末梢の血液が滞りやすく炎症を起こすと治りにくいことで、

炎症を引き起こしたり、長引いたりすることがあります。

 

 

冷やす?温める?

では、手指の使い過ぎによるばね指の場合、

冷やす・温める、どちらをすべきでしょうか・・・?

 

実は、ばね指は症状により冷やす時期と温める時期が異なります。

 

炎症の強い初期の場合、炎症を抑えるために冷やした方がいいです。

慢性的な痛みに変わっている場合は、温めて血流を良くし、緊張を緩めることが大事です。

 

腫れや熱感など明らかに炎症が起きておらず、判断しづらい場合は一度温めていただき、

痛みが強く出てしまう場合はまだ冷やした方がいいので、安静にして冷やしてください。

 

 

ばね指に対する鍼灸治療

 

ばね指の治療では、局所に施術を行うことが多いです。

ただ、炎症が強く出ている場合は痛みの出ている場所の周りを施術します。

 

また、首や肩、腕のこわばりから動きの制限がかかり、

手首~指に負担がかかる場合もあるので、周りの部位の

緊張も緩めていきます。

   

 

 

当院がお役に立てること

手指の使い過ぎで起こりやすい「ばね指」では、

指だけでなく腕や肩周りの緊張を緩めることで

痛みの軽減につながります。

このような症状には鍼・灸がお役に立てます。

ばね指の痛みは慢性化しやすいため、早期に

施術を受けられることをおすすめします。


鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

ご予約・お問い合わせ

  • TEL:052-883-7739
  • 24時間オンライン予約