• TEL:052-883-7739
  • 24時間オンライン予約

スポーツのケガ~ゴルフ肘とテニス肘~

こんにちは、松本治療院スタッフの水漉(みずこし)です。

 

当院には、スポーツによるケガや不調で来院される方も多くいらっしゃいます。

 

その中でも「ゴルフ」によるケガで来院される方が群を抜いて多い気がします(私の体感ですが…)。

 

ゴルフに伴うケガ・不調で多いのは「腰の痛み」と「肘の痛み」。

 

今回は「肘の痛み」についての原因と対処法、セルフケアの方法をご紹介したいと思います。

 

 

「ゴルフ肘」「テニス肘」とは?

ゴルフをされている方のケガで多いのが「ゴルフ肘」です。

 

聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

似た症状に「テニス肘」というものもありますが、この二つはどう違うのでしょう?

 

下の図は、腕を手のひら側、体の正面から見た図です。

 

(クリックで拡大)

 

ゴルフ肘

 

ゴルフ肘は正しくは「上腕骨内側上顆炎」といって、肘の内側にある上腕骨(いわゆる「二の腕」の骨)の

 

内側上顆(上図のⒶ)の付近に痛みが発生します。

 

ゴルフのスイング時に過剰に力んでしまっていたり、ダフって強い負荷がかかって起こる事が多いため、

 

ゴルフ肘と呼ばれます。

 

 

テニス肘

 

テニス肘は「上腕骨外側上顆炎」と言います。

 

肘の内側が痛むゴルフ肘に対して、肘の外側にある上腕骨の外側上顆(上図のⒷ)の付近に痛みが発生します。

 

テニスのバックハンドストローク時に痛みが生じるためテニス肘と呼ばれますが、日常生活の中でも

 

重い荷物を持ったり、タオルや雑巾を固く絞ったりする動作で起こることがあります。

 

 

ゴルフ肘、テニス肘の治療は?

痛みが強い場合は、安静が基本です。

 

ある程度、痛みが治まったらストレッチによる運動療法が効果的です。

 

上腕骨内側上顆には、手首を手のひら側に曲げる筋肉(屈筋)が付着しており、外側上顆には

 

手首を反らす筋肉(伸筋)が付着しています

 

そのため、ゴルフ肘では屈筋を、テニス肘では伸筋をストレッチすることで、予防や症状の緩和につながります

 

 

かんたんセルフケア:前腕のストレッチ

ゴルフ肘のストレッチ

 

① 腕を体の前に伸ばし、手のひらを上に向けます。

 

② その状態で反対の手で、伸ばした手の指先をつかみ、手首を反らすように手前に引きます。

 

 

テニス肘のストレッチ

 

① 腕を体の前に伸ばし、手のひらを下に向けます。

 

② その状態で反対の手で、伸ばした手の指先をつかみ、手首を折りたたむように手前に引きます。

 

これらのストレッチを、ゴルフやテニスの練習の前後、日常生活に取り入れてみてください

当院がお役に立てること

  • 患部や関連する筋肉に鍼・灸をすることで、痛みの症状を緩和します。
  • 関連する筋肉のマッサージや、ストレッチで再発しにくい状態を目指します。
  • 当院にはゴルフ肘、テニス肘でお悩みの方が多く来院されていますので、お気軽にご相談ください。
鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

ご予約・お問い合わせ

  • TEL:052-883-7739
  • 24時間オンライン予約