• TEL:052-883-7739
  • 24時間オンライン予約

疲れ目と眼精疲労

こんにちは、松本治療院スタッフの水漉(みずこし)です。

 

今回は、疲れ目と眼精疲労についてお話しします。

 

「疲れ目」と「眼精疲労」は違う?

同じように思われがちな「疲れ目」と「眼精疲労」ですが、実は別のものとされています。

 

「疲れ目」とは一時的に目が疲れている状態で、十分な睡眠や休息をとることで回復します。

 

それに対し、「眼精疲労」は、目の疲れや痛み、視力の低下など目の症状に加え、肩こり、

 

頭痛などの身体的症状が現れ、継続的に繰り返されるものをいいます

 

 

眼精疲労の症状は?

先に述べたように目の症状、身体的な症状が現れます。

 

さらに、それらの症状がストレスとなり、精神的な症状を引き起こすこともあるので、注意が必要です。

 

 

目の症状

 

目の疲れ、目がかすむ、ぼやける、目の痛み、充血、目がしょぼしょぼする、まぶしく感じる、

 

まぶたがピクピクするなど

 

 

身体的な症状

 

首・肩こり、頭痛、めまい、吐き気など

 

 

精神的な症状

 

イライラ、集中力の低下、不眠など

 

 

眼精疲労の原因は?

目の使い過ぎ

 

眼精疲労の一番の原因は、言うまでもなく目の使い過ぎです。

 

特にパソコンやスマホの画面を長時間見続けることで起こる「VTD症候群(IT眼症)」が、最近では増加しています。

 

 

メガネ・コンタクトレンズが合っていない

 

視力を矯正している人の場合、メガネやコンタクトレンズの度が合っていない可能性があります。

 

近視が進んで度が合わなくなるのはもちろんですが、度が強すぎる過矯正の状態(=見え過ぎている状態)も

 

眼精疲労を引き起こします。

 

 

精神的なストレス

 

精神的なストレスも眼精疲労の原因となると言われています

 

目のピントを調節する毛様体筋という筋肉は、副交感神経によって支配されています。

 

そのためストレスで副交感神経の活動が低下すると、毛様体筋の機能も低下してしまい眼精疲労を

 

引き起こすと考えられます。

 

 

他の病気が原因の場合も

 

ただの目の疲れだと思っていると、他の病気が原因の場合もあるので注意が必要です。

 

白内障や緑内障、老眼といった目の病気や、高血圧、更年期障害が原因だったり、目の見えにくさの原因が

 

脳梗塞による視神経の障害だった、なんていうこともあり得ます。

 

目の疲れがしつこく続く場合は、たかが眼精疲労と甘く見ずに、眼科医の検査を受けましょう。

 

 

疲れ目・眼精疲労のセルフケア

眼精疲労は上記のように様々な原因が考えられるため、それを取り除かない限り根治することは難しいですが、

 

つらい症状を防止・緩和するためのセルフケアをご紹介します。

 

 

パソコン・スマホは休憩しながら

 

パソコンやスマホを見る時間が長い方は、1時間に10~15分ほどの休憩を入れましょう

 

休憩中は目をあまり使わないようにして、マッサージやストレッチをしたり、遠くのものを見て目を休めるように

 

しましょう。

 

 

目の疲れは「温める」!

 

 

よく疲れた目を冷やして「気持ちいい~」と言っている人がいますが、実は逆効果

 

疲れ目や眼精疲労は、目の周りの血流が悪くなり、筋肉がこり固まっている状態なので、温めてあげることが大切です。

 

水にぬらしてしぼったタオルを電子レンジで1分ほど加熱し、火傷しないくらいの温度に冷ましてまぶたの上に

 

2~3分乗せて温めてあげましょう。

 

市販のホットアイマスクを使用するのも良いですね。

 

 

目の疲れに効果的なツボ

 

 

目の疲れに効果的なツボをいくつかご紹介します。

 

(クリックで拡大)

 

攅竹(さんちく)

眉毛の内端でくぼんだ所

 

睛明(せいめい)

目頭の内側少し上にあるくぼんだ所

 

太陽(たいよう)

眉毛の外端と目尻を結んだ線の中央を少し後ろ(耳側)に下がったところにあるくぼみ

 

承泣(しょうきゅう)

真正面を見たときに瞳の真下で骨のきわ

 

これらのツボを指の腹で押してあげると血流が良くなり、目の疲れの症状の緩和に効果があります。

 

目の周りが皮膚が薄いので内出血しやすいのと、勢い余って眼球に指が入ってしまうといけないので、

 

押すときはゆっくり、じんわり押すようにしてくださいね

当院がお役に立てること

  • 目の周りのツボに鍼やお灸をすることで、疲れ目や眼精疲労の症状を緩和します。
  • 首や肩まわり、頭皮などのこりを取って、つらい身体の症状を緩和します。
  • 鍼・お灸・指圧の効果で自律神経のバランスを整えます。
鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

ご予約・お問い合わせ

  • TEL:052-883-7739
  • 24時間オンライン予約