• TEL:052-883-7739
  • 24時間オンライン予約

膝の痛み(オスグット病)

今日のブログは前回に引き続き『膝の痛み』です。

症状は「オスグット」です。

症状は膝正面の膝蓋靭帯がお皿(膝蓋骨)を経由して脛骨に付着しています。その付着部位の脛骨結節の成長線に負担がかかる事で痛みが発生している。10歳~15歳の成長期の子供に多いです。

 

原因は膝を曲げたり、伸ばしたり動きをやりすぎで痛みが出ている。

特にサッカー跳躍系のスポーツに多いです。

他にも日頃から立っている時の姿勢で腰を曲げていると痛みが出やすいです。

 

対策はアイシングストレッチです。

膝の痛む場所をアイシングで冷やして、少しでも炎症を抑えることです。

さらに、再発予防の為に太もも前面のストレッチを重点的にすることが大切です。

常に痛みがある場合は運動の停止病院での検査も必要になります。

治療は鍼やマッサージで自己治癒力を高めることで少しでも早く運動に復帰する事は可能です。

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

ご予約・お問い合わせ

  • TEL:052-883-7739
  • 24時間オンライン予約