MENU

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら名古屋市金山の松本治療院へ

松本治療院の口コミ・感想をもっと見る
ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可

ランニングで痛みが出る原因について

投稿者:鍼灸師 近藤

こんにちは、スタッフの近藤です

先日の日曜日に豊田スタジアムで名古屋グランパスVS川崎フロンターレを観戦してきました。

 

初めてプロサッカーを見ましたが感動しました!!!

プロのボールの動きや反射神経の速さがとてもすごかったです。

試合は名古屋グランパスは負けてしまいましたが、応援はとても盛り上がりました。

また、機会があれば行きたいです。

先日のブログでマラソンの話をしました。

参加された方はお体大丈夫でしょうか?

当院でも数名の参加された方がご来院されました。

 

自分も長距離ランナーなのでどこが痛みやすいのかわかります。

主に長距離ではふくらはぎ足の裏に痛みが出ます。

 

部位によって痛めている筋肉は違いますが、主な原因は3つです。

 

①筋肉の柔軟性、②筋力不足、③フォームのバランスです。

〈筋肉の柔軟性〉

筋肉が柔らかいと怪我のリスクの軽減とスポーツのパフォーマンスも上がります。

その為にストレッチがとても重要です。

 

〈筋力不足〉

筋力が不足していると長距離になると、後半で体を支えることが難しくなります。

特に体幹のインナーマッスルという筋肉はとても重要です。鍛え方は後日のブログでお伝えします。

 

〈フォームのバランス〉

ランニングフォームは癖を知ることが大切です。

例えば、片方に傾いていないか?体が左右にぶれてないか?などの自分の癖を把握することです。

絶対にこのフォームが正しいと言うのはありません。

癖を把握して無駄を無くすことが一番重要です。

 

ランニングや筋トレで筋力を増やし、ストレッチで柔軟性を高め、フォームの癖を把握することで、今よりも走れるようになります。

次のマラソンに向けて参考にして下さい。

 

今回のマラソンで体に違和感がある方はご相談下さいね

少しでも早い治療が体への負担を無くします。

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

更新日:2018年03月21日 19:59

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

メールでのお問合わせ

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可