MENU

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら名古屋市金山の松本治療院へ

松本治療院の口コミ・感想をもっと見る
ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可

「ウオノメ」と「タコ」の違い

投稿者:鍼灸師 水漉

こんにちは、松本治療院スタッフの水漉(みずこし)です。

 

突然ですが、先日、生まれて初めて「ウオノメ(魚の目)」ができてしまいました!

 

左足の裏に小石を踏んづけたような痛みを感じたので確認してみたところ、中指の付け根あたりに直径5ミリほどの白い斑点が……

触ってみるとカチカチに角質化しており、押さえると痛みを感じるので、「あ~、これはウオノメだ」と。

足に痛みがあっては仕事にならないので、すぐにドラッグストアでウオノメ除去の薬剤つきパッドを購入して貼り付けると、3日後にはウオノメの芯がポロリと取れて痛みもなくなりました!

写真はウオノメが取れた後の私の足の裏です。

ぽっかりとクレーターのようになっていますが、角質化した部分が取れただけなので、痛みはありません。

 

ちなみに皆さんは「ウオノメ」と「タコ」の違いはご存知でしょうか?

ウオノメは医学用語では「鶏眼(けいがん)」、タコは「胼胝(べんち)」と言います。

ウオノメもタコも、皮膚に圧迫や摩擦といった刺激が長期間加わり、皮膚表面の角質層が厚く固くなることで起こります。

両者の違いは、タコが皮膚の外側に向かって角質層が厚くなるのに対し、ウオノメは皮膚の内側に向かって角質層が厚くなっていくことにあります。

そのため、ウオノメは角質層が硬い芯となって皮膚に食い込み神経を刺激し、痛みが発生します。

 

足にウオノメやタコができる原因としては、足に靴が合っていない、ハイヒールなどの先の細い靴、歩き方や立ち方の癖、足の変形などが考えられます。

つまり、ウオノメができたということは、体のバランスが崩れているということにもなります。

また痛みのある足をかばうことで、さらに体のバランスが崩れ、肩こりや腰痛、膝痛につながる(または悪化する)といったことも考えられます。

 

ウオノメはできたばかりのものであれば、今回の私のように市販薬で治療することもできますが、酷くなると病院で手術が必要になる場合もありますし、足の変形などが原因の場合、整形外科などで足の状態から治療する必要がある場合もあります。

たかがウオノメと考えず早めに治療するとともに、できた原因にも目を向けて体のバランスを整えることが重要ですね。

 

※ 市販薬を購入する際は、薬剤師または登録販売者の方に相談してください。

  また市販薬を使っても症状が改善しない場合は、専門のお医者さんに相談してくださいね。

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

更新日:2017年12月12日 16:52

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

メールでのお問合わせ

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可