MENU

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら名古屋市金山の松本治療院へ

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可

薬疹

投稿者:副院長 鈴木

こんにちは!スタッフ鈴木です。

まだまだ暑い日が続いていますが、一時期よりはだいぶ過ごしやすいですね。

 

みなさんは『薬疹』という言葉をご存知ですか?

特定の薬を飲んだり、注射したりして体内に薬剤が入ることで引き起こされる、皮膚の湿疹のことです。

薬によって起こる、アレルギー反応のことですね。

先日、皮膚科に行って来たのですが、この『薬疹』に初めてなりました。

多くは赤くなったりかゆくなったり、程度のようですが、私の場合、ヤケドのような水ぶくれになりました。

気付かずに原因となる薬を服用し続けるとどんどん悪化してしまうのですが、症状によっては気付きにくいこともあるので、今回は薬疹についてお話しようと思います。

 

 

 

症状

薬剤が体内に入ることで、皮膚に発疹ができます。

赤くなってかゆくなったり、ひどいとヤケドのように水ぶくれができることも。

全身にできる方もいれば、部分的な方もいます。

 

 

原因

アレルギーによる薬疹は、通常は初めて服用した薬ではなく、1~3週間服用したり、何度も服用したことのある薬で起こります。

一度その薬で薬疹が出てしまうと、今後その薬を服用するとすぐに薬疹がでます。

また、その薬ではなくても、化学構造式に共通部分がある薬を服用すると、初めて服用する別の薬でも薬疹がでることがあるそうです。

 

 

対処

薬疹が出たらすぐに薬の服用をやめ、病院へ行ってください。

また、今後はその薬が処方されないよう、お医者さんや薬剤師さんに確実に伝えてください。

少し大変ですが、他の病院にかかった時でも、伝えるように気をつけてください。

 

 

私の場合は、左手の甲と左足、口の中にできました(´・ω・`)

特に手の甲には水ぶくれができ、『ヤケドするようなことしてないのに…?』と思っていました。

薬疹という言葉と、症状は知っていましたが、

水ぶくれができることがある、何度も服用したことのある薬で起こる、

という点を知らなかったため、別の原因だと考えていました。

気付かないで服用し続けると悪化してしまいますので、もし思い当たることがあれば、気をつけて下さい!

 

(鈴木)

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

更新日:2017年08月30日 14:30

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

月~土曜 ※日曜休診
9:00~12:00/14:00~19:00

メールでのお問合わせ

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可