MENU

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら名古屋市金山の松本治療院へ

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可

犬と健康!~睡眠と照明の関係~

投稿者:副院長 鈴木

こんにちは、スタッフ鈴木です!

 

私の家では、リビングで母と犬2匹が寝ています。

 

kotesizu

 

犬がうとうとし始めると、母が部屋の照明を薄暗くして、眠りやすい環境にしています。

甲斐甲斐しすぎて、まるで孫に対するかのような溺愛ぶり(*^^*)

寝るときに暗いのは大事だよね、と思いながらその溺愛ぶりを眺めている私ですが、

そういえば最近母が熟睡できているなぁ、と思いました。

我が家に犬が来る前も母はリビングで寝ていたのですが、

その頃の母は眠りが浅く、少しの物音で目覚める上、昼寝がないと暮らせない人でした。

 

理由を考えてみたのですが、

おそらく照明だろうな、と思われます。

 

リビングに布団を敷き、夜テレビを見ながらそのまま寝ていた母です。

(何度も明かりとテレビを消すよう伝えましたが、全くきかない)

うるさくて寝られないだろうし、明るすぎると思い、

私がテレビや明かりをいじると起きてしまいます(´・ω・`)

 

そんな母が最近は、犬が寝られないだろう、とテレビを消して

明かりもほとんど落として寝ていました。

暗い中で寝る、という変化だけではありますが、それがとても重要です。

 

 

無題

 

睡眠と照明の関係について、ここで少しお話ししようと思います。

 

人間の体内時計は実は25時間なのですが、寝て起きた時に光を浴びることで24時間に調整しています。

何故光が関係するのか、というと、メラトニンというホルモンの作用によります。

メラトニンには、人を眠りに誘う作用があります。

が、体が光を感知することで、体内での分泌量が減少してしまいます。

そのため、夜になってもパソコンやスマートフォンなどの強い光を見ていると、

メラトニンが減少し、体内時計が狂うことで睡眠障害を引き起こすこともあるそうです。

 

つまり、暗くなるとメラトニンの作用で眠くなり、朝光を浴びることでメラトニンの分泌が終わり、体が活動状態になる、ということですね。

 

 

母は普通に生活するレベルの明るさの中で寝ていた上、テレビを見ていたために良い睡眠がとれず、昼間も眠くなってしまっていたんですね。

ちなみに、メラトニンには抗酸化作用もあり、良い睡眠をとることで若返り効果もあるそうですよ(*´ω`*)

皆様も、部屋の明るさやスマートフォンなど、一度見直してみてはいかがでしょうか?

 

(鈴木)

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

更新日:2016年03月16日 10:07

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

月~土曜 ※日曜休診
9:00~12:00/14:00~19:00

メールでのお問合わせ

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可