MENU

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら名古屋市金山の松本治療院へ

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可

スマホ症候群 スマホを触る姿勢をチェックしましょう…!

投稿者:院長 松本

353725

近年「スマホ症候群」「スマホ首」「スマホ性頚椎症候群」などと呼ばれる、スマートフォンの使いすぎが原因の首や肩の痛みが増加しています。

私も日々の鍼灸マッサージの現場で、スマートフォンの普及率の増加と、首肩のコリ・痛みや猫背などの姿勢が悪い人の増加が比例していると感じます。

実際に健康保険公団からは

「スマートフォンが普及し始めた2010年あたりから頚椎ヘルニア患者が12.3%増加した」

という発表がありました。

以下、スマホ症候群についてまとめます。

<原因・症状>

顔を下に向けうつむいた状態で長時間スマートフォンを見下ろす姿勢は、首や肩の筋肉・頚椎・頚椎の間の椎間板・神経などに大きな負担がかかります。

この悪い姿勢を続けた結果、首こりや肩こりになるだけでなく、頚椎の自然なカーブが失われストレートネックになります。

場合によっては頚椎症や頚椎ヘルニアまで引き起こし、首肩の痛み、腕のしびれを引き起こします。

<簡単チェック>

スマホ症候群のチェックポイントは、スマートフォンを一日1時間以上触るのに加えて、

☑パソコンも長時間使う

☑姿勢が悪く、猫背である

☑しばしば寝ちがえを起こす

☑慢性的に首こり肩こりを感じている

☑天井を見ると首が痛い、首に違和感がある

☑眼精疲労、目の疲れが取れない

上記のうち3つ以上当てはまる場合はスマホ症候群であるといえます。

<対策>

スマホ症候群を悪化させないためには、何となくだらだらとスマートフォンを触る時間を減らし、15分以上の連続使用を避けましょう。

スマートフォンを触る姿勢も重要です。

うつむいた状態にならないように首を自然に立て、スマートフォンの位置を顔の高さに近づけ、視線を下方15度程度にすると、首や肩の筋肉への負担は少なくなります。

スマホ症候群 鍼灸師近藤 誤(悪い姿勢)

スマホ症候群 鍼灸師近藤 正(正しい姿勢)

スマートフォンは便利ですがどうしても首や肩に負担がかかります。

体に優しい使い方を工夫しながら使用しましょう。

(松本)

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

更新日:2016年02月17日 17:48

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

メールでのお問合わせ

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可