MENU

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら名古屋市金山の松本治療院へ

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可

少食があなたの人生を変える②

投稿者:院長 松本

GetAttachmenth

前回の記事「少食があなたの人生を変える」では少食が如何に健康・美容に効果があるか、科学的データを元に書きました。

 

今回は、具体的な取り組み方を紹介致します。

 

下記の1~3で、ご自分の取り組みやすい方法を試してみてください。

 

1,食べる量を腹八分以下にする

腹八分とは、食事後もウエストのサイズが変わらない(ベルトを緩めなくても良い)量が目安になります。

飲食店で「小盛」を注文したり、普段のおかずやご飯の盛り付けを減らしたりして取り組みます。

腹八分に慣れてきたら、七分、六分と減らしていってみましょう。

 

2,朝食抜き

「朝食は必ず食べるべき」という説もありますが、成長期の子供以外は必要ありません。

朝起きた直後は前夜の夕食のエネルギーがしっかり残って、午前中の仕事のエネルギーは充分にあります。

昔の農民のように早朝に起床し、数時間の農作業をした後に朝食を食べるなら理にかなっていますが、朝起きてすぐ食べる必要性はゼロで、胃腸に不要な負担をかけるだけです。

午前中は排泄の時間帯。

お腹がグーッとなるくらい空腹の時ほど腸が活発に働き、正しい排便につながります。

 

3,昼食か夕食を半分に

昼食を減らす事でますます胃腸の負担が減り、体調が良くなります。

また、消化・吸収にエネルギーを取られない分、脳への血流が維持され、午後も眠くならず思考がクリアになります。

昼食が減らしにくい方は夕食を減らしてみましょう。

特に夕食のタイミングが遅い方は意識的に減らすと睡眠の質が上がります。

 

長期的に少食に取り組むと以下のことが得られます。

・食べれば食べるほど老化が進むのと反対に、少食は若々しさを保てる

・ダイエット効果がある

・食費が節約できる

・血液の各種数値が改善され、大病になりにくく、医療費も減らせる

 

少食を取り組む際の大事なポイントは、「ストイックになり過ぎないこと」です。

 

厳しく取り組みすぎるとストレスも溜まり、長続きしません。

 

少食は修行ではないので、旅行へ行ったり友人と外食したりする時くらいは気にせず好きなだけ食べ、その他のタイミングで食べる量を調整するなどして、無理なく進めましょう。

(松本)

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

更新日:2015年12月15日 9:07

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

月~土曜 ※日曜休診
9:00~12:00/14:00~19:00

メールでのお問合わせ

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可