MENU

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら名古屋市金山の松本治療院へ

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可

一無二少三多でセルフケア

投稿者:院長 松本

OH98_koudainasetugen500

近年、予防医学の重要性が以前に増して高まっています。

 

糖尿病などの生活習慣病から、肩こり腰痛に至るまで、予防のための日ごろのセルフケアによって、病気にならずにすんだり、症状が軽くなったりします。

 

しかしながら日本の医療制度は予防に対して関心が薄く、病院など医療機関で医師がまだ病気が発症する前の人に予防についての指導を行っても健康保険の対象外なので、医師もあまり積極的ではありません。

 

例えば、生活習慣病にはメタボリックシンドロームの予防が重要ですが、これも保険対象外です。

 

それを補っているのが特定健診となり、健診に引っかかった人にセルフケア指導をするのは医師ではなく、保健師や管理栄養士になります。

 

そうして医療システム全体で補完しているわけですが、さらに求めたいのは健診で明らかな異常が見つかる前の段階からセルフケアを意識して、健康を保つことです。

 

それによってそもそも健診の後で別の検査を受けなくても良い状態、東洋医学で言う「未病(みびょう)」のうちに予防ができれば、それに越したことはありません。

 

悪くなってからでないとなかなか気を付けにくいかも知れませんが、今現在健康な方もそうでない方も、持続的な健康のために、ぜひ次の言葉を意識して生活してみて下さい。

 

『一無二少三多』

 

一無とは、無煙。

 

煙草を吸わないこと。

 

二少とは、少食と少酒。

 

食事は腹八分以下で、お酒も控えめに。

 

三多とは、サンタクロース…ではなく、多動、多休、多接。

 

運動を増やし、ゆっくり休み、多くの人・もの・ことに接してストレスを緩和する。

 

一無二少三多で合計6つの生活習慣を意識すると、素晴らしいセルフケアとなります。

 

若い方は大きな病気にならずに仕事や家事などがずっと元気にできる状態、年配の方はいつまでも介護を受けずに自分の足でトイレへ行ったり、好きなところへ遊びに行ける状態を目指し、セルフケアを行って下さいね。

 

我々鍼灸マッサージ師も、未病の段階から皆様の健康のお役に立てるようにお手伝いをして参ります。

(松本)

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

更新日:2014年12月13日 16:07

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

メールでのお問合わせ

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可