MENU

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら名古屋市金山の松本治療院へ

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可

チョコレートは薬?

投稿者:院長 松本

 

 松本治療院では、ただ今、鍼灸マッサージ、美容鍼灸(美容鍼灸)、足つぼの施術を受けられた方に日頃の感謝の気持ちを込めて、バレンタインのチョコレートをちょこっとお渡ししております。(15日土曜日まで)

ぜひこの機会にお身体のゆがみやコリ、お疲れのメンテナンスをご利用くださいませ!

 

≪チョコレート豆知識≫

 

チョコレートの起源は、なんと、約4千年前までさかのぼります。

(ちなみに、鍼灸治療の起源も同様の歴史があります)

中米のマヤ文明で、カカオの種をすりつぶして作られた飲み物でした。

生息地が限られ、栄養価も高いカカオは「神の食べ物」として尊ばれたようです。

 

その後16世紀にヨーロッパへ伝わり、王族や僧侶が砂糖も加えて愛飲。

19世紀にイギリスで、固形のチョコレートが誕生しました。

 

日本へは、同時期に長崎の出島にオランダ人が持ち込み、当時は滋養強壮の薬として紹介されたそうです。

明治期に入り、森永が国産のチョコレートを販売を始めました。

戦時下では、軍人の為の食べ物となり、カフェイン入りのチョコレートで疲れや眠気の対策にあてられました。

そして現代は、単に癒しのスイーツとして以外にも、動脈硬化を抑えるポリフェノールなどを多く含む事が注目されています。

 

バレンタインデーでチョコレートを贈るのは、ご存知の通り日本独特の風習です。

1932年にモロゾフが愛をテーマにしたのが始まりで、1950年代からお菓子メーカーや百貨店が、女性から男性へチョコを贈る日として宣伝したのが定着しました。

 

チョコレートは上記の通り、疲労回復、滋養強壮にも役立つので、家事やお仕事でのお疲れを癒すのに一口食べるのもいいですね。

食べ過ぎになると、チョコの中に入っている白砂糖が体を冷やす作用があるので、特に冷え性などの女性はご注意を。

(松本)

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

更新日:2014年02月13日 8:54

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

メールでのお問合わせ

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可