MENU

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら名古屋市金山の松本治療院へ

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可

人と喜びをわかちあうことについて

投稿者:院長 松本

 

先日依頼があり、鍼灸や接骨院・整骨院、整体、カイロの治療院業界の先生方の前で、チームについて講演をしてきました。

 

講演内容の中に、一人で治療院をやり始めて患者さんがいっぱいになり忙しくなった後、一人のままか、スタッフを雇った方が良いのか?というテーマがありました。

 

それについて講演の準備中に、こんな話を聞きました。

 

冒険家の植村直己さんは、単独登頂とか、単独で南極点へとか、一人での冒険を好む方でした。

「植村さんは何でいつも一人で冒険したがるのですか?」

とあるとき聞かれ、彼はこう答えたそうです。

「だって、二人で達成すると、喜びが半分になる気がするから」

 

あなたはこの言葉に対して、どう感じますか?

 

僕はこの話を聞いて、

 

「逆に、二人で達成すると喜びが増えて、倍になると思う」

 

と感想を伝えたら、

 

「それは先生がチームに向いているからです。

スタッフさんとチームで治療院をしていて正解です。

でも世の中には植村さんの言葉に共感する人もいるんですよ。

僕も昔、この話を聞いた時に、植村さんにとても共感できましまから」

 

と言われました。

 

講演中この話をしてみたら、懇親会で少数派ですが、

 

「植村さんと同じ気持ちなので、自分はこれからも一人でやってゆきます」

 

という感想を貰いました。

 

一人で突き抜けてゆくのもかっこいいし、チームで高めてゆくのも素晴らしい。

どちらを選ぶにしても、自分に合ったやり方をするのが、本人にとっても周りの人にとっても良さそうです。

 

このエピソードから、2つの事が言えそうです。

 

①人の世界観・価値観は実に多様であり、自分が当たり前と思うことも他人は全く逆に感じることもある

 

②能力的な適性の前にそもそも性格的な適性があり、性格に合っていることをする方がスムーズで、ストレスも少ない

 

世界中の人が自分に合っている事を選び、ストレスの少ない世界になってゆけることを願ってい、行動したいと思う次第でした。

(松本)

 

松本ブログ『こころに効くツボ 背中を押すツボ』より

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

更新日:2014年02月01日 12:08

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

メールでのお問合わせ

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可