MENU

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら名古屋市金山の松本治療院へ

松本治療院の口コミ・感想をもっと見る
ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可

あなたの周りが平和になるツボ

投稿者:院長 松本

前にも書きましたが、

『世界中の軍隊を廃止し、浮いた軍事費で世界の貧困問題は解決できる』

という経済学者の試算があります。

 

つまり、

世界中の国々が一斉に

「今後喧嘩をしません」

「暴力は止めます」

と決めるだけで、

どこかで誰かが餓死したり、

子供が学校に行けなかったり、

食うに困って犯罪を犯したり、

といった事が全部解決するわけです。

喧嘩を止めればみんながハッピー。

小学生でもわかる理屈です。

 

でも現在の世界は、暴力も貧困もないという

みんながハッピーにな世界になるには、まだまだ途中の段階です。

理屈では分かっても、不安や恐怖でなかなか実行できない。

 

コンピューター関係にとても詳しい方にこのような話をしたら、

「こういう判断を機械に任せたら、すぐに実現するよ」

「社会全体の総幸福量を高めると入力すれば、

コンピューターは感情を入れず合理的にこの答えを出します」

「この場合、人間の感情がボトルネックになっていますね」

との見解を話してくれました。

 

平和=合理的

この考えは、とても新鮮で面白いですね。

 

話を国から個人レベルに落として考えてみましょう。

以前読んだある本に、

「男女の傾向の違いとして、夫婦仲が悪ければ悪いほど、

夫は浮気に走り、妻は買い物に走る」

と書かれていました。

(違うケースもあるでしょうけど、おおまかな傾向としては大体当たってるのではないでしょうか。)

どちらも必要外の出費をしてします。

このように個人においても、

平和な方が合理的なのです。

 

ただの感情論や理想論ではなく、

効率的に合理的に考えても、

やはり平和であることが重要なんですね。

 

国をどうこうするのは個人レベルではできることは少ないので、

まずは自分の周りから。

 

具体的に有効な考え方は、

『他人に自分の考えを押し付けず、尊重する』

 

自分には自分の好みや考えがあるように、

他人にもその人なりの好みや考えがあります。

それを、

「どっちが正しい」

とか言い出すので、喧嘩になるのです。

 

自分の頭の中では当然自分が正しいわけですが、

相手も自分が正しいと思っているので、

言い争ってもどっちが正しいかの答えは永遠に出ません。

 

他人の考えを尊重すると言っても、

ただ相手に合わせるだけでは自分がしんどくなります。

しんどくなると自然、相手を尊重しづらい気持ちになるので、

自分の考えも同じくらい尊重し、その違いを楽しむ。

そんな感覚が対人関係の平和につながります。

 

もともと日本人は、相手を尊重するDNAが組み込まれています。

その証拠に、無宗教(一応家には仏壇はあるが、熱心な仏教徒ではない人もこれに含む)の人が

これだけ多い国は、世界を見渡してもまず見当たらないのではないでしょうか。

 

歴史的に考えると、日本には初めに八百万(やおよろず)の神様がいる神道があり、

大陸から仏教が入ってきて、更に西洋からキリスト教も入ってきて、

でも神道は神道で残しつつ、それらを受け入れてきました。

 

クリスマスが終わったら1週間ほど後には、正月に神社やお寺へお参りする。

一神教の国の人からすると、理解不能の世界です。

結婚式など神道・仏教・キリスト教が入り混じって、もうわけがわかりません(笑)

 

「ウチの神様もいいけど、そっちの神様もいい事言ってるね~」

日本人のこのような感覚では、宗教の対立でテロが起こったり、

他国と戦争をしたりするなどあり得ません。

クリスマスやハロウィンなどは宗教的な意味合いを考えず、ただ単に

「楽しそう」

と思って受け入れてしまう。

これって実はものすごい事だし、平和な世界への大きなヒントではないでしょうか。

 

話を個人に戻すと、

「僕はこう考えたけど、あなたはこう考えたんだね」

と、何が正しいかを追求せず、違いがあっていいと認められた分、

あなたの周りは平和になります。

 

あなたの周りが以前より平和に感じられた分、

世界もいつの間にか平和になってるかも知れませんよ。

(松本)

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

更新日:2012年11月02日 12:38

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

メールでのお問合わせ

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可