• TEL:052-883-7739
  • 24時間オンライン予約

四十肩と五十肩の違いは何ですか?|名古屋の鍼灸マッサージ松本治療院

【健康クエスチョン】

Q、四十肩と五十肩の違いは何ですか?

A、言い方の違いだけです。

四十肩、五十肩はどちらも同じ症状で、正式には『肩関節周囲炎』と呼びます。五十肩

 

どちらの呼び方が先にあったのか不明ですが、おそらく50代くらいに多かったので五十肩と呼ばれ、最近は40代でも多くみられるようになって、四十肩とも呼ぶようにもなったのではないでしょうか。

症状は、40代50代の人の肩が痛くなれば四十肩、五十肩と呼ぶのではなく、以下のような特徴があります。

・肩を動かすと関節部に痛みが走る

・頭の後ろや腰を触るのが困難になる

・夜寝てる時に痛みが増す

特に、肩を動かすと痛いとか、痛くて肩が動かせないなどの症状が出たらかなり疑わしいです。

 

 

肩の動きに問題が無ければ他の症状の確率が高いです。

 

いずれにせよ肩の痛みにお悩みでしたら一度整形外科に受診して検査を受けたり、鍼灸院で鍼治療をお試し下さい。

 

ちなみに四十肩、五十肩は英語では『フローズンショルダー』や『ペインショルダー』と呼び、冷えると悪化するとか痛みが強いという肩の様子で表しています。

 

日本が肩関節周囲炎に40肩50肩と年齢の数字を当てはめる発想は、世界から見るとちょっと面白い感じですね。

 

肩関節周囲炎は30代の人がなっても、四十肩もしくは五十肩と呼びます。

 

「まだ30なのに」とショックを受ける必要はないですよ。

(松本)

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

ご予約・お問い合わせ

  • TEL:052-883-7739
  • 24時間オンライン予約