MENU

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら名古屋市金山の松本治療院へ

松本治療院の口コミ・感想をもっと見る
ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可

笑い死には医学的にありえるのでしょうか?

投稿者:院長 松本

【健康クエスチョン】

Q、笑い死には医学的にありえるのでしょうか?

 

A、ありえます。

 

とはいっても、とても稀な事なので、「笑い過ぎちゃだめなのっ!?」とご心配する必要は全くありませんが。

 

「笑い死に」には2パターンあるらしく、

 

① 長時間笑い過ぎて横隔膜や肺などの機能を損なった

 

② きのこの「ワライタケ」や亜硝酸窒素(歯科の笑気ガス。もちろん歯科では安全な濃度)の作用で中枢神経に異常をきたし、笑ったように見える顔で苦しんでいる

 

とのことです。

 

呼吸困難で心肺停止するほど笑い続ける、ワライタケを大量に食べる、亜硝酸窒素を高濃度で吸入する、どれも普通は起こりえないですね。

 

それでも、過去に数件事例が残っているようで、

 

1975年、イギリスのアレックスさん、テレビ番組を観て笑い過ぎ心不全。

1989年、デンマークのベンツェンさん、コメディ映画を観て笑い過ぎ心停止。

2003年、タイのウムさん、寝ている間に笑いながら窒息。

 

不謹慎ですが、どのくらい面白いテレビや映画、夢を見ていたか気になります。

 

ということで、あまり面白い番組を観すぎたり、長時間くすぐり続けたり、ハイキングで変なキノコを食べたりしないようにお気を付け下さいね。

(松本)

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

更新日:2012年08月17日 7:24

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

メールでのお問合わせ

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可