MENU

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら名古屋市金山の松本治療院へ

松本治療院の口コミ・感想をもっと見る
ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可

寝違えは冷やせばいいのですか?温めればいいのですか?

投稿者:院長 松本

【健康クエスチョン】

Q、寝違えになってしまいました。寝違えた時は冷やせばいいのですか?温めればいいのですか?

 

A、冷やした方が良い場合が多いです。

 

寝違え(寝違い)の時、筋肉は炎症を起こしているので、冷やすことをオススメします。

 

寝違えの痛みが軽い場合は温めても大丈夫なこともありますが、ねんざや打撲、ぎっくり腰と一緒で、基本的には炎症してるところを温めると症状は悪化します。

 

寝違えたときは、お風呂でも身体を温めすぎないで下さい。

 

朝起きて、首が痛い!後ろを向けない!寝違えてしまった・・・!という時は、まずは湿布やアイシングで冷やして様子を見ましょう。

 

また、軽度なら時間が経つと首が動くようになるケースもあります。

 

なかなか楽にならなければ整形外科や鍼灸院、はりきゅう治療院へご相談下さい。

(手前味噌ですが、はりは寝違えに効果が高いです)

 

悪化させる可能性大なので、決して素人がもみほぐしたりしないで下さいね。

 

なぜ寝違えになってしまうかというと、諸説ありますが、たいがい首のこりや肩こりが慢性的になってる場合が多いです。

 

首や肩がカチカチの人が変な寝方をすると、朝大変な事になるわけです。

 

全然コリが無い人は、変な寝方をしても寝違いません。

 

コリが強いのがベースにある中で、日常的にストレスが強い、暴飲暴食などで胃腸が疲れ切っている、なども原因となりえます。

 

寝違えをたびたび繰り返してしまう人は、コリやストレスを溜めないようにして、食生活も気をつけて下さいね。

 

「借金で首が回らない」という言葉は、借金のストレスで首が寝違えになってしまった事を例えたものかも知れませんね。

(松本)

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

更新日:2012年08月10日 8:31

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

メールでのお問合わせ

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可