• TEL:052-883-7739
  • 24時間オンライン予約

悲観は気分、楽観は意志

先日、中3の子供と妻と私の3人で、受験する高校選びの親子会議をしました。

 

私立高校3校と公立高校2校を受験できるのですが、受験校の組み合わせを考えるのが思ったよりも複雑でした。

 

ダメだった時でも1つは絶対合格できそうなスベリ止めは、どこにするかも相談。

 

ダメだった時を話し合っていると、自分が受験するわけではないのに、なんだか不安な気持ちが湧いてきました。

 

不安に引っ張られて暗い顔をせず、「子供を信じて明るい表情・言葉がけをしよう」と思いながらの会話でした。

 

 

不安について。

 

不安は人間の本能的な感情と言われています。

 

歴史を紐解くと、人間がまだ原始人だったころ世界は脅威に溢れていました。

 

うっかり遠くの知らない場所まで行くと、未知の猛獣に襲われるかもしれない。

 

他の部族に捕まって殺されるかもしれない。

 

そういった不安がブレーキになり、あまり無茶なことをしない。

 

ひ弱な人類が生き残るためには、不安という感情が必要だった。

 

そのように数百万年の原始時代の間に、人間の本能に不安が染みこみました。

 

その中でたまたま不安が少なく、好奇心がすごく強い人が、少しずつ行動範囲を拡げていったのです。

 

しかしそれはごく一部の少数派。

 

「うまいことフグの毒を除けながら何とか食べる方法は…」などと考えて挑戦した人は、よほど変わった人と言えるでしょう(笑)。

 

このように、人間は本能的に、まずは不安をベースに考える習性をもっているようです。

 

 

原始人のころから培ってきた不安ですが、現代は猛獣にも襲われないし、知らない人に捕まることもまず無いです。

 

餓死するおそれも、ほぼありません。

 

でも太古からの習慣で、すぐ不安を探すクセが強く残っています。

 

そのことを表した言葉が「アランの幸福論」という本あります。

 

「悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである」

 

本能的な不安に飲み込まれないように、自ら明るい言葉、考え、表情を作っていくのも大切なようです。

 

私のイメージでは、筋トレに似ているとも思います。

 

明るい考え方を鍛えれば鍛えるほど楽観が強化され、不安に引っ張られすぎなくなる。

 

過度の不安はストレスとなって心身に大きなダメージを与えます。

 

原始時代ほどの脅威が無い現代では、楽観のトレーニングをしていくと不安との付き合い方もバランスが取れて、生きやすくなるのではと思います。

 

私もこのような文章を書きながら、不安に押しつぶされそうな時もあります。

 

その時、心がけたいと思うのは「今できること」に集中すること。

 

悪い未来を考えすぎて動けなくなってしまうよりも、「今できることをやって、あとはまたその時に考え、できることをしよう」。

 

そんな風に思います。

 

先のことを考えすぎずに、目の前の事に集中していると、不安と程よい距離感ができると感じます。

 

 

当院に鍼灸マッサージを受けに来られる方々の中には、痛みや辛い症状のせいで、体への不安が強い人もいます。

 

しかし私たちは、これまでに良くなっていただけた経験をたくさんしていて、落ち着いて施術ができます。

 

患者さんの現在の体の痛みだけではなく、未来の「これからどうなっちゃうんだろう?」という不安からくる心の痛み、ストレスも同時に軽くなってもらえるようにと思っています。

 

どうぞご遠慮なく、施術中に不安な気持ちも私たちにお伝えください。

 

患者さんと私たち鍼灸師の二人三脚で、お体の不安と向き合い、乗り越えていければと思います。

 

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

ご予約・お問い合わせ

  • TEL:052-883-7739
  • 24時間オンライン予約