• TEL:052-883-7739
  • 24時間オンライン予約

ハードルを下げると幸福感は上がる

日本シリーズも終わり、今年もプロ野球はオフに入りました。

 

私が応援する、地元の中日ドラゴンズは3位でフィニッシュ。

 

昨年まで7年連続Bクラス(6チーム中、4位~6位)という球団始まって以来の長い低迷、暗黒時代に終止符を打てました。

 

とはいえ、貯金は5つ。

(負けより勝ちの数が5つ多い。負けの方が多ければ借金)

 

ものすごく強くなったのではありません。

(セ・リーグでダントツ1位の巨人は貯金22個)

 

ここ数年すごく弱かったのが、普通くらいに戻ったという感じです。

 

でも、マシになっただけなのに、ファンとしてはめちゃくちゃ嬉しい。

 

「どうせ今年もダメだわ」と始めから諦めムードだったので(与田監督、ごめんなさい)、期待をはるかに上回ってくれた満足感でしょうか。

 

いつもはワルぶっている不良の学生が猫を助けているのを見たら「本当は良いヤツじゃん!」と、急に好感度が上がるアレと似ています。

 

 

このような心の動きは様々な場面で見られます。

 

反対に「絶対優勝しなければ…!」などと期待のハードルが高すぎると、2位になった時にすごくがっかりしてしまうことになります。

 

2位でも良い結果なのに、幸福感ゼロ。

 

「金メダル以外は許されない」というプレッシャーを背負ったオリンピック選手のストレスたるや、押して知るべしですね。

 

ハードルを高くすればするほど、幸福感は下がる。

 

ハードルの高さはほどほどにしておいた方が、幸福感は上がる。

 

スポーツに限った話ではなく、日常生活においても同じだと思います。

 

自分や周りの人への「こうあるべき」といったハードルが高いと、イライラする種が増えていきます。

 

生真面目な人ほどその傾向があります。

 

生真面目さが悪い方に出ると、自分や周りの人が高いハードルを越えられず、ストレスが増える一方です。

 

そういう人は、体だってカチカチで、肩こりや腰痛にもなりやすい傾向があると感じます。

 

ハードルの高さはほどほどに。

 

イメージとしては、始め50点だったのが51点になったら「おめでとう。次は52点だね」くらいの気持ちがちょうどいいと思います。

 

それをいきなり「100点じゃなきゃだめだ!」とやるから自分も周りの人も苦しくなるわけです。

 

 

松本治療院でも、スタッフへ完璧を求めていません。

 

なので、私はスタッフが何かミスしてもあまり腹が立ちません。

(まいったな~と思うことはありますが…)

 

「頑張っていても誰でもたまにミスするもの」と、ハードルの高さはほどほどにしているからです。

 

「たまたま今回○○先生がミスしたが、自分も含め他の全員がやる可能性はあった」と考え、個人を責めません。

 

それよりも原因を考え、職場の仕組みを変えたり、物の配置を工夫したり、チェック表を作ったりと、また同じミスが起こる確率を下げることを繰り返しています。

 

鍼灸マッサージ施術においても同じで、目指す施術効果が上手く出ない時も、怖い顔や嫌な言い方でスタッフを責めません。

 

大事なのは「真剣に取り組んだのかどうか」です。

 

全力で行った結果であれば、ある意味しょうがありません。

 

その上で、次に機会を頂けた時により良い結果に近づけるように、勉強し直したり練習を重ねたりと準備をすることが重要です。

 

鍼灸師スタッフみんなが「患者さんに良くなって欲しい」という気持ちをしっかり持っているので、お役に立ちきれなかった悔しさのエネルギーを、自分責めよりも次への準備にぶつけて欲しいと思っています。

 

そうやって、個人の力も職場全体の力も51、52、53…と徐々に伸びていき、気が付いたら80とか90になっていた…、どんな優れた個人や会社でも、そうやって成長したのではないでしょうか。

 

そして、自分が成長するのは楽しいし、人の成長を見るのも楽しいものです。

 

ハードルが高く始めから100点ばかりを求めると、そのような喜びも全く感じられなくなります。

 

 

話は逸れましたが、ハードルの高さと幸福感は反比例。

 

自分や他人へのハードルが高すぎる人は、ホッと一息、肩の力を抜いて、ハードルを下げてみませんか?

 

目を吊り上げて100点ばかりを求めるよりも、その方が結果として物事がスムーズに進むと、私は経験的に感じています。

 

少なくとも、日ごろのストレスや肩こりはずいぶん減るはずです。

 

仮にプロ野球で来年、中日ドラゴンズが更に飛躍して優勝争いができたら嬉しいですが、仮にまたBクラスだったとしても、私はまた諦めずに次のチャレンジを応援しようと思います。

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

ご予約・お問い合わせ

  • TEL:052-883-7739
  • 24時間オンライン予約