MENU

寝違え|名古屋市昭和区金山の松本治療院

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可

寝違え

投稿者:鍼灸師 前田

こんにちは!松本治療院スタッフの前田です。

だんだん寒さが厳しくなってきましたね。

今回はこんな寒い時期になりやすい寝違えについてまとめてみました!

 

【寝違えとは?】

睡眠中に首や肩に負担がかかる体勢を取ってしまうことで、起きたときに首から肩にかけて痛みを生じるものです。

急性疼痛性頚部拘縮とも呼ばれます。

個人差はありますが、筋肉痛のような痛みがでてきて決まった方向に動かすと痛みが強くなることが多いです。

 

【寝違えの原因は?】

睡眠中、長時間にわたって無理な姿勢をとってしまうと筋肉や靭帯に負担がかかります。

すると、一部の筋肉に血流がいかず、固まってしまうことが痛みの原因となるのです。

また、枕の高さがあっていないことで首に負担がかかり、痛みが生じることもあります。

 

その他にも、首や肩の冷えによる血行不良や、前日に首を動かさない姿勢を長時間したり、

慣れない運動をした場合にも寝違えが起こると言われています。

 

 

【寝違えたその日はどうしたらいいか?】

寝違えてしまったその日は

湿布などで冷やし、安静にする

ことが第一です。

むやみに痛む場所を揉んだり動かしたりすると、かえって悪化する原因になるので要注意です!!

 

3~4日経って、

「温めたほうが楽だな」というタイミングで痛む場所を温めます。

シャワーを当てたり、ホットタオルをあてたりと簡単にできるのでやってみてください。

 

 

【鍼灸はオススメ?】

寝違えてしまった時、鍼灸は皆さんのお力になれます!

寝違えによって傷ついてしまった筋肉に鍼刺激を入れることで、

傷を修復しようとする力がはたらき、回復を早めます。

固まってしまった筋肉を直接刺激するので緩めて動きやすくすることも目的です。

もちろん、鍼が苦手な方にあわせて施術を行うこともできますよ。

 

 

【簡単セルフケア】

寝違ってしまったときにできるセルフケアを簡単にご紹介していこうと思います。

①首を横に倒すと痛い

首を横に倒して痛みが強く出る場合は、痛む側の

「落沈」もしくは「中衝」というツボ周囲の1番痛む場所を探します。

・落沈(らくちん)

手をグーにした状態で人差し指と中指の間の骨をたどって指が止まるところが落沈です。

・中衝(ちゅうしょう)

中指の爪の親指側にあるツボです。

 

②首を前に倒すと痛い

首を前に倒して痛みが出る場合は

「合谷(ごうこく)」というツボ周囲で1番痛む場所を探します。

合谷は親指と人さし指の骨が交わったところから、やや人さし指よりに位置します。

押し方は、反対側の親指で骨の際を押すイメージです。

 

③首を後ろに倒すと痛い

手の小指側の側面で痛みが出る場所を探し、1番痛む場所を押します。

 

これらのツボにお灸をするのも良いですし、お灸がお家になければ

お風呂につかりながら揉んでみても良いですよ♪

 

【まとめ】

寝違えてしまった時は安静にしてむやみに動かしたりマッサージをしたりしないのがベストです。

※1~2週間以上経っても良くならない、もしくは何もしていないのに痛みが強くなる、

そんな時は整形外科の受診をオススメします。

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

更新日:2020年02月03日 15:38

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

メールでのお問合わせ

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可