MENU

似ててわかりにくい?膝蓋靭帯の痛みの種類♪|名古屋市昭和区金山の松本治療院

松本治療院の口コミ・感想をもっと見る
ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可

似ててわかりにくい?膝蓋靭帯の痛みの種類♪

投稿者:鍼灸師 福留

こんにちは!

松本治療院、スタッフ福留です♪

 

今日は膝の痛みについてまとめてみました。

膝の痛みと言ってもとてもたくさんあるので

そのなかでも膝蓋腱にでる膝の痛みについて調べました。

 

成長期に運動をしていた人は経験があるかも知れませんが

膝蓋腱というのは膝のお皿の下から脛骨についている靭帯

その靭帯の中でも上側に痛みがあるのと

下側に痛みがあるので病名が異なります。

 

上側はジャンパーズニー

下側がオスグッド・シュラッター病といいます。

 

まずは上側のジャンパーズニーから説明しますね!

 

ジャンパーズニー(ジャンパー膝、膝蓋靱帯炎)

 

ジャンパーズニーとは?

 

名前の通り、jumper(跳躍する人)knee(膝)に多く

オーバーユースに起因するスポーツ障害の一つです。

ジャンプや、ダッシュからのストップジャンプを繰り返し

膝に負荷がかかる運動をする競技に多くみられます。

(バレー、バスケ、バドミントン、陸上競技など)

 

症状

膝周囲の痛みです。

膝の痛みと言ってもたくさんありますが

ジャンパーズニーの場合は

膝蓋靭帯付着部に炎症が起きている状態です。

 

ジャンプなどの運動を繰り返すと

大腿四頭筋(前もも)の筋肉が張ってきます。

ジャンパーズニーは膝蓋靱帯炎とも言いますが

この膝蓋靭帯は膝蓋骨と脛骨をつないでいる靭帯で

大腿四頭筋の柔軟性が低下するとお膝のお皿を引っ張ってしまうため

膝蓋靭帯に痛みが出てきます。

 

治療

痛みのある部分のアイシングが有効です。

それに加え、大腿四頭筋の緊張が緩まってこれば

お皿を上に引っ張るのが弱くなるので

痛みの度合いと相談しながら大腿四頭筋、腸腰筋の

ストレッチをしていくと防止にもなります。

 

 

次にオスグッド・シュラッター病です。

 

オスグッド・シュラッター病

 

オスグッド・シュラッター病とは?

 

この病気は成長期の男の子によくある病気で

同じくオーバーユースの代表的な疾患の一つです。

膝蓋靭帯がついている部分の脛骨が隆起して痛みが出てきます。

 

症状

こちらも靭帯が引っ張られるのが原因ですが、

先程のジャンパーズニーと少し違うところがあります。

それは成長期に起こるということです。

 

成長期には体の骨がどんどん太く大きくなっていきます。

その成長の速度に筋肉や腱がついていけないと

靭帯を引っ張ってしまい痛みが出ます。

膝蓋靭帯は脛骨につくとお伝えしましたが

詳しくは脛骨の中でも脛骨粗面というところに付きます。

成長期の脛骨粗面には骨が成長するために必要な新しい骨(骨端核)が存在しています。

 

大腿四頭筋による強大な牽引力が負担となり、骨端核の発育が阻害され突出して痛み

がでるのがジャンパーズニーとの違いです。

 

治療

成長期に多いため、痛みが出たら休むのが一番です。

ですが炎症ではあるのでアイシングが有効です。

 

成長期が終わるに連れてだんだん収まりますが

まれにオスグッド後遺症と言って大人になってから

痛みが再発する場合があるのでストレッチも有効です。

 

言葉だとわかりにくいと思うので

簡単な図にしてみました。

イラストで説明

1.横向きの膝周囲の図

2.前から見た膝周囲の図

大腿四頭筋が固くなり膝のお皿が上に引っ張られることで

膝にくっついている筋肉や靭帯も引っ張られます。

まず膝のお皿の上部分が引っ張られます。

膝のお皿は上と下から靭帯がサポートしてくれているので

お皿を中心に下側の靭帯も引っ張られてしまいます。

この下側にある靭帯こそが膝蓋靭帯です。

ジャンパーズニーの場合

1の図は赤色でになっているところが痛みのですところです。

 

膝のお皿のすぐ下の部分に痛みが出てきます。

 

オスグッド・シュラッター病の場合

1の図でお伝えした部分から少し下に降りて

脛骨粗面と接している部分が痛くなります。

 

成長期で柔らかい部分なので

引っ張られるのが強いと骨ボコッと出てきてしまいます。

 

まとめ

どちらにも言えることは

運動の後、しっかりアイシングをすること

大腿四頭筋を伸ばすストレッチをすることが重要です。

オスグッド・シュラッター病の場合、後遺症として大人になってからも再発するのと

膝の症状は冷えると悪化しやすく長引きやすいので

成長期に痛みがあったなあという方は

毎日のケアを怠らないようにしましょう。

 

松本治療院では膝の痛みでご来院される患者様もたくさんいらっしゃいます。

不安に思うことや疑問に思うことが有りましたら

何でも聞いてくださいね・ω・

それでは失礼致します!

鍼灸 指圧 マッサージ 美顔鍼(はり) 肩こり 腰痛でお困りなら
名古屋市金山の鍼灸治療院 松本治療院
愛知県名古屋市昭和区白金1丁目19−16
052-883-7739

更新日:2019年07月18日 16:55

ご予約・お問合わせは
052-883-7739

〈電話受付〉
月曜~土曜
8:30~19:30頃

メールでのお問合わせ

携帯スマホからのオンライン予約 24時間いつでも受付可